血糖値下げる運動

血糖値下げる方法運動 

 

人間が健康を維持するためには、規則正しい生活・バランスのとれた食事・適度な運動・睡眠の4つを大切にしなければなりません。

 

 

この4つの項目の中で、みなさんが意外と出来ていないのが「適度な運動」です。

 

 

食事や睡眠は日常のローテーションの中に組み込まれているので、少しの心掛けで改善することができますが、運動は「やるぞ!」という強い意志を持たなければ、なかなか続けられない項目でもあるからです。

 

 

そこで今回は、血糖値を下げるために効果的な【運動】をご紹介!

 

 

少ししか時間が無い時でも、雨が降っていて外出できない日でも大丈夫。

 

室内で簡単に出来る運動をご紹介します。

 

 

血糖値を下げるためには、有酸素運動

 

 

血糖値を下げるためには、有酸素運動をする必要があります。

 

 

運動が得意な人はジョギングや水泳、自転車などアクティブに身体を動かすことができるでしょうが、運動が苦手な人や毎日自分自身のために割ける時間が少ない人にとっては、難しいでしょう。

 

 

そこで、今回オススメする有酸素運動は、運動が苦手な人・時間がない人・お部屋に運動するスぺ―スがあまりない人でも、簡単に取り組めるものになっています。

 

お相撲さんになりきって!四股ってすごい

 

お相撲さん達のトレーニングの1つである「四股を踏む」という動作は、しっかりと体幹が鍛えられる有酸素運動です。

 

 

しかしながら、正しい動作で行わなければ、あまり意味のない動きで終わってしまいます。

 

 

血糖値を下げたい・ダイエット効果を得たい・体幹を鍛えたいと思うのなら、ぜひ正しい四股の踏み方を覚えておきましょう。

 

 

<正しい四股の踏み方>

 

足を思いっ切り広げられるスペースを確保しましょう。

 

肩幅よりも、少し広めに両足を開きます。

 

内股にはならずに、つま先は両方外側を向けるようにして下さい。

 

背筋を伸ばして、腹筋の内側に意識を集中させていきます。

 

次に意識するのは、股関節。

 

股関節周りの筋肉を動かしていることを念頭に置きながら、片方ずつ足をゆっくりと上げていきましょう。

 

この時、高く上げようと思う必要はありません。

 

あくまでも無理のない範囲内で、自然に上げていくことが求められます。

 

足をゆっくりと戻して、腰を深く落として静かに止まってください。

 

以上の動きを、筋肉を意識しておこなっていきましょう。

 

四股を踏むことによって、インナーマッスルが鍛えられますし、股関節を柔らかくすることが出来るというメリットがあります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は、血糖値を下げるための「四股踏み」エクササイズについてご紹介しました。

 

 

一生懸命取り組むのはいいことですが、起き抜けに四股を踏むのは、あまりオススメ出来ません。

 

 

なぜなら、起床直後は血糖値が低いのでフラフラしてしまうことがある上に、血圧が高い時間帯なので思わぬトラブルが起きてしまうことがあるからです。

 

 

ですから、四股は身体が十分に目を覚ました状態で行うようにして下さい。