血糖値下げる方法酢?水?

血糖値下げる方法酢?水?

「血糖値を下げるためには、お酢を飲むといいって聞いたことがある」

 

 

「血糖値が高めの人は、水をたくさん飲むべきなの?」

 

 

という疑問を抱く人も少なくありません。

 

 

そこで、今回は【血糖値を下げる方法として、お酢や水を摂取するという方法は正しいのか?】を検証していくことにしましょう。

 

 

お酢が血糖値に与える影響とは?

 

お酢は身体に良いものだというイメージが強いですが、その通りです!

 

 

何と血糖値にまでも良い影響を与えるというのですから、すごいですよね。

 

 

そこで、お酢が血糖値に与える影響をリサーチしてみました。

 

 

影響1.食べ物の吸収スピードをゆっくりにする

 

お酢を口にすると、不思議なことに胃〜腸へ食べ物が移動する時のスピードがゆっくりになります。

 

 

移動するスピードが遅くなるということは、つまり食べ物の吸収スピードも穏やかになって、食後の血糖値の急激な上昇を穏やかにしてくれるのです。

 

 

影響2.ブドウ糖の分解を抑制する

 

お酢とブドウ糖には、2つの関係性があります。

 

 

1つ目は、お酢が肝臓に働きかけることによって、ブドウ糖の放出を抑えることができます。

 

 

2つ目は、筋肉細胞中の酵素の働きを高める効果があるということです。

 

 

これによってブドウ糖の分解を抑制して、グリコーゲンへの合成を働きかけやすくなるために、血糖値の急激な上昇を抑えることができるのです。

 

 

影響3.2糖類分解酵素の働きを抑制

 

お酢を体内に取り込むことによって、小腸に存在している2糖類分解酵素の働きを抑制する働きがあります。

 

 

米・ジャガイモ・かぼちゃ・パン・うどん・パスタなどに豊富に含まれているでんぷんは、さまざまな消化分解の行程を経て2糖類分解酵素になることによって体内吸収されていきますが、お酢はその働きを抑制してくれるのです。

 

 

以上のお酢の効果をより高めるためには、食事前にお酢を摂取することをオススメします。

 

 

血糖値の急激な上昇を防ぎたいのなら、水の摂取タイミングも気を付けて

 

またお酢だけではなく、タイミングに気を付けながら摂取して頂きたいのが「水」です。

 

 

お水は体内吸収が良く、代謝をアップさせるのに適した飲み物ですが、血糖値を下げたいのなら食前に飲むのが効果的です。

 

 

食事の前にお水を飲むことによって満腹感が得られるため、食事の量を調整しやすくなるからです。

 

 

お水の飲み方ひとつにもこだわって、ぜひ血糖値を下げるための方法を日常的に試していきましょう。

 

 

血糖値下げる方法酢?水?まとめ

 

今回血糖値を下げる方法を調べていたら、血糖値との関係で気になる酢、水について調べて見ましたがいかがでしたか?

 

 

お酢とお水が、血糖値を下げることと結びつくとは思ってもみなかったという人もいるでしょう。

 

 

特にお酢は、血糖値の急激な上昇を抑えるためにはとても効果的ですので、果実酢やお酢を使った料理などを積極的に日々の食事メニューに取り入れていくようにして下さい。