糖尿病とは?わかりやすく

糖尿病とは?わかりやすく

糖尿病とはどういう病気なのか?

 

糖尿病になるまでの仕組みを、わかりやすい言葉でご紹介したいと思います。

 

私たちは毎日食事をします。

 

食べたご飯は私たちのエネルギーになります。

 

糖尿病とは

 

口から入ったご飯は、胃や腸で消化されてブドウ糖という糖質に変わります。

 

ブドウ糖は私たちの血液の中へ行きます。

 

血液の中には行ったブドウ糖は全身のすみずみまで広がってエネルギーとして、私たちが考えたり動いたりする原動力となります。

 

私たちが食べたご飯がブドウ糖になって血液の中に入ると、血液の中でインスリンが働きだします。

 

インスリンは、すい臓からでてくるホルモンです。

 

インスリンは、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへ運んでくれます。

 

血液中のブドウ糖の量を「血糖値」といいます。

 

ご飯を食べることでブドウ糖が増えるので、血糖値が上がります。

 

でも、インスリンが働いてくれたり、運動するとブドウ糖はエネルギーとして使われるので減ります。

 

ブドウ糖が減ると血糖値は下がります。

 

私たちの体が使うエネルギーの量と、食べるご飯の量がちょうど良いと血糖値は通常値であまり変化しません。

 

しかし、使うエネルギー(体が動く量)より、食べる量が多くなると、血液の中でブドウ糖が余ってしまいます。

 

この状態を血糖値が高いと言います。

 

血糖値が高いと血液中のインスリンは忙しく働き続けます。

 

インスリンには限界があります。

 

血糖値が高い状態が長い間続くと、インスリンは働きすぎてしまい、足りなくなったり、働かなくなります。

 

インスリンが働けなくなると、血液中のブドウ糖はエネルギーになれません。

 

エネルギーになれないブドウ糖は血液の中で余り、高い血糖値の状態が続きます。

 

この状態が糖尿病です。

 

糖尿病になるまでは、長い時間をかけて体の中で余ったブドウ糖を減らそうとインスリンが働いてくれています。

 

血糖値が高くなったと気付いたときに、早めの対策をとることで糖尿病を防ぐことができます。

 

糖尿病数値ヘモグロビン、HbA1cとは?