糖尿病目に現れる症状について

糖尿病目に現れる症状について

糖尿病が進行していくと、体への症状が出てきだし、合併症が心配されます。

 

 

血糖値が高いまま長い間過ごすことにより、血管を傷つけられ、さまざまな障害へとつながっていく可能性があります。

 

 

目は、糖尿病の合併症がでやすい場所のひとつといわれています。

 

 

病気による失明する原因でもっとも多いのが糖尿病ともいわれています。

 

 

発症は血糖コントロールにより防げるので、早めに理解して取り組んでいきたいですね。

 

 

では、糖尿病と目の関係をみていきましょう。

 

 

目の眼球は網膜という薄い膜に覆われています。

 

 

網膜にはとても細い血管が無数に駆け巡っています。

 

 

糖尿病により高血糖の状態が続くと、血液が糖分を多く含むので、血管がつまりやすく、しだいに血管壁が傷つけられていきます。

 

 

進行すると血液はスムーズに通りにくくなり、血管の壁は堅くもろくなります。

 

 

さらに進行すると視力障害を伴う病気となります。

 

 

目に現れる糖尿病の症状は、段階を踏んで進行していきます。

 

 

初期は痛み、外見の異常は認められず、自覚症状がありません。

 

 

徐々に視力低下、ぼやけ、目のかすみが現れてきます。目の疲れかな?と日頃の異常かと軽くみていると、知らないうちに病気が進んでいきます。

 

 

糖尿病による目の合併症は糖尿病網膜症、白内障、糖尿病黄斑浮腫、網膜剥離、硝子体出血などが挙げられます。

 

 

血糖値コントロールにより、防止することは可能ですが、一度病気になってしまうと進行を食い止めるしか治療法がないということもあります。

 

 

日頃から目の異変をはからい、気になることはかかりつけの医師に早めの相談をすることが大切です。