フィットライフコーヒー副作用

フィットライフコーヒー最安値はコチラ!

 

【危険】フィットライフコーヒー副作用はないの?

 

手軽に美味しく血糖値対策ができる【トクホのフィットライフコーヒー】は、日本人間ドック検診協会も推奨する血糖値が気になる人に人気があります。

 

 

そんなフィットライフコーヒーですが、副作用はないのか気になりますよね!?

 

 

そこで今回は、フィットライフコーヒーの副作用について見ていきましょう!

 

フィットライフコーヒー副作用はないの?

 

フィットライフコーヒーには、深刻な副作用が出たという声はありませんでした。

 

 

アレルギーや副作用の口コミはありませんでしたが、フィットライフコーヒーのデメリットを感じる声がありました。

 

フィットライフコーヒーのデメリット口コミとは?

 

和食中心の私には合わないなぁ

・山本さん 52歳

 

血糖値にはいいかもしれませんが、和食中心の食事と合わないのが気になります。

 

外出が多い人には向いていないかも

・木崎さん 48歳

 

コーヒーを作る手間があるので、外出が多い人はサプリの方が飲みやすいかもしれません。

 

普通のコーヒーよりは少し高めですが血糖値に効果あるので仕方ないかな

・森下さん 57歳

 

毎食飲まなければならないとなるとコスパが少し気になります。

 

普通のコーヒーよりは高いです。

 

まだ1カ月経っていないので効果はまだですね!でも美味しくてよかったです

・小野さん 55歳

 

飲み始めてから間もないので、今のところ効果を感じていません。

 

美味しいですが、普通のコーヒーとは違った感じです。

 

 

このように、食事と一緒に飲むコーヒーなので食べ物との相性はありますよね。

 

 

それから飲み始めてすぐには効果がないので「コーヒーに血糖値を下げるというプラスαの機能があるんだ」という認識で頑張って続けていかれることをおすすめします。

 

 

毎日飲むコーヒーを血糖値対策のコーヒーに変えるだけで、「苦になる事無く続けれている!」と言う口コミが多かったです!

 

フィットライフコーヒーの良い口コミは?

 

(マーブさん 年代不明 女性)

 

毎朝の習慣であるコーヒーをフィットライフコーヒーに替えるだけ。

 

コーヒーの味と香りが私に1日の活力を与えてくれます。

 

フィットライフコーヒーにしてからは毎日快便・快調!

 

(puichitiaraさん 40代 女性)

 

3回目のリピート購入です。

 

両親が糖尿病持ちだったのですが、フィットライフコーヒーを飲むようになって血糖値が下がってきたんです!

 

食事療法も運動もしていないのに。

 

当の両親もびっくりしています。

 

これまで血糖値を下げると謳われているものはサプリやドリンクなどいろいろ試してきましたが、はっきり効果を感じたことはなかったんです。

 

フィットライフコーヒーは、一見普通のコーヒーなのにこの効果。

 

親孝行ができて私も喜んでいます。

 

(すみれ9833さん 40代 女性)

 

糖尿病の父が気に入ってずっと飲んでいます。

 

血糖値が高かったのですが、フィットライフコーヒーを飲み始めてからは調子が良く数値も安定しているようです。

 

元々コーヒー好きで毎日飲んでいたので、合っているんだと思います。

 

(Sさん 40代 女性)

 

若い頃から、生活環境が変わった時など、ちょっとのストレスですぐに便秘になってしまう体質でした。

 

そこで食物繊維が入っているフィットライフコーヒーを毎朝飲むことにしてみたら、便秘に一切ならなくなったんです!

 

味もとても美味しく、普通のコーヒーに慣れていても違和感ありません。

 

(みこ8633さん 60代 女性)

 

糖尿病を抱え、血液検査をするたびに悪い数値が出て落ち込んでいました。

 

そんな時テレビCMでフィットライフコーヒーの存在を知り、その場ですぐに注文。

 

今2箱目に入っていますが、何と血糖値をはじめ血液検査の数値が驚くほど下がったんです!

 

糖尿病の薬は飲み続けていますが、フィットライフコーヒーもずっと続けていくつもりです。

 

フィットライフコーヒーの成分から、副作用の危険性を検証!

 

フィットライフコーヒーの成分はコーヒーと難消化性デキストリンです。

 

この2つの副作用の危険性について掘り下げてみましょう。

 

 

コーヒーの副作用の危険性

 

コーヒーはご存知の通り、コーヒー豆を焙煎し挽いた粉に熱湯を注いでできる飲み物です。

 

毎朝飲んでいる人も多いことでしょう。

 

コーヒーの成分は次の通りです。

 

100 gあたりの栄養価

 

エネルギー
17 kJ (4.1 kcal)

 

炭水化物
0.7 g

 

タンパク質
0.2 g

 

ビタミン

 

リボフラビン (B2)
(1%)
0.01 mg

 

ナイアシン (B3)
(5%)
0.8 mg

 

ミネラル

 

ナトリウム
(0%)
1 mg

 

カリウム
(1%)
65 mg

 

カルシウム
(0%)
2 mg

 

マグネシウム
(2%)
6 mg

 

リン
(1%)
7 mg

 

他の成分

 

水分
98.6 g

 

ビオチン(B7)
1.7 μg

 

カフェイン
0.06 g

 

タンニン
0.25 g

 

浸出法:コーヒー粉末 10 g/熱湯150 mL

 

(文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より)

 

 

コーヒーは馴染みのある食品。

 

副作用はないと言えるでしょう。

 

しかし含有成分であるカフェインの過剰摂取により体調に悪影響を及ぼす可能性はあります。

 

 

フィットライフコーヒー1包には55mgのカフェインが含まれています。

 

カフェインはコーヒーだけでなく紅茶・緑茶・ココアなどにも含まれているアルカロイドという化合物の一種。

 

  • カフェインには眠気を覚ます興奮作用、
  • 利尿作用、
  • 集中力向上、
  • 運動能力向上、
  • 交感神経を刺激し脂肪燃焼促進作用

 

などがあります。

 

カフェインの過剰摂取によって起こり得る症状を細かくご紹介します。

 

【頭痛】

 

カフェインには血管を拡げ、血流を促す作用があります。

 

適量であれば頭が冴えることにつながりますが、過剰摂取すると脳内には細い血管がたくさんあるため、頭痛の引き金となってしまうのです。

 

【睡眠障害】

 

カフェインは覚醒作用が強いため、夜眠れなくなってしまう可能性があります。

 

個人差はありますが、カフェインを摂取した後30?40分で体内のカフェインの量が最大になると言われており、その量が半分になるのは約5時間後、全て排出されるのは12?15時間かかるのです。

 

最後にコーヒーを飲むのは遅くても就寝の5時間前、カフェインに敏感な人はお昼前までにしたほうが良いでしょう。

 

【動悸】

 

カフェインが交感神経を刺激し優位にするため、筋肉の緊張・血圧の上昇・心拍の上昇などがみられることがあります。

 

【依存症】

 

カフェインには中毒性があり、今までカフェインを多く摂取していた人が突然摂取をやめると頭痛・吐き気・めまい・倦怠感などの症状が出ることがあります。

 

カフェイン中毒の治療法は確立されておらず、今のところ対症療法のみとなっています。

 

このようにカフェインは過剰摂取すると副作用を起こす危険があります。

 

1日の上限とされるカフェインの量は、体重1kg当たり3mg。

 

つまり体重50kgの人は150mg、体重70kgの人は210mgです。

 

どんな食べ物・飲み物でも過剰に摂取すれば体に悪影響が出るもの。

 

フィットライフコーヒーは1日3杯程度でしたらカフェインによる副作用の危険性はほぼないと言えるでしょう。

 

 

難消化性デキストリンの副作用の可能性

 

難消化性デキストリンとは、トウモロコシを原料として人工的に作った水溶性食物繊維です。

 

食生活の欧米化によって日本人の食物繊維摂取量が減少したことから作られました。

 

難消化性デキストリンには糖の吸収スピードを遅らせる効果があり、難消化性デキストリンの配合によりフィットライフコーヒーがトクホ(特定保健用食品)として認められているのです。

 

血糖値の急上昇を抑える他にも、脂肪の吸収スピードを遅らせる・内臓脂肪を減らす・ミネラルの吸収を促す・整腸作用などがあると言われています。

 

難消化性デキストリンは米国FDA(食品医薬品局)でも摂取上限を定める必要がないとしているほど安全性が高いものです。

 

ですがもちろん、過剰摂取による体調不良は考えられます。

 

食物繊維なので、摂りすぐると下痢・軟便・腹痛などの症状が出る可能性があります。

 

お腹が緩くなったと感じた場合はフィットライフコーヒーの量を減らすなどして調節すると良いでしょう。

 

 

フィットライフコーヒーは妊婦でも飲める?

 

妊娠中は「胎盤性ホルモン」がインスリンの作用を阻害するため、「妊娠糖尿病」になることがあります。

 

全ての妊婦さんの約12%が発症するとも言われており、母体・胎児共に悪影響が出る危険が高いので、妊娠中の血糖値の検査基準は一般の人より厳しくなっています。

 

今まで高血糖なんて無縁だったのに、妊娠中の検査で引っかかってしまったという人も多いのではないでしょうか。

 

 

そこでフィットライフコーヒーを飲みたいという妊婦さんもいるかもしれませんね。

 

 

結論から言うと、妊娠中・授乳中のフィットライフコーヒーは控えたほうが良いでしょう。

 

 

その理由はカフェインです。

 

前述のようにフィットライフコーヒーには1杯55mgのカフェインが含まれています。

 

妊娠中にカフェインの摂取を控えたほうが良い、ということは聞いたことがあるかと思います。

 

カフェインの摂りすぎは母体・胎児双方に悪影響を与える恐れがあるのです。

 

 

まず、カフェインに含まれる「タンニン」という成分がカルシウムや鉄分の吸収を妨げカルシウム不足や貧血を起こす恐れがあります。

 

また、胎盤を通してカフェインは胎児にも送られますが、胎児の代謝機能はまだ未熟なのでカフェインが容易には排出されません。

 

胎児の体にカフェインが蓄積されてしまい発育を妨げると言われているのです。

 

さらに、カフェインを1日100mg以上摂取すると自然流産の危険が一気に高まり、カフェイン摂取量の増加に比例して流産率も高くなるという研究結果もあるそうです。

 

 

このように妊娠中のカフェイン摂取は様々な弊害が起こり得るため、できるだけ控えるようにと指導されているのです。

 

フィットライフコーヒー1杯程度でしたら害はないと思われますが、緑茶・紅茶・ココア・チョコレートなどコーヒー以外のものにもカフェインが含まれています。

 

気づかないうちにカフェイン過剰になってしまうのを防ぐためにも、妊娠中はカフェインレスのデカフェ、たんぽぽコーヒー、麦茶、ルイボスティーなどをお勧めします。

 

 

それでは、最後に副作用に関するよくある質問を見ていきましょう。

 

フィットライフコーヒー副作用に関するQ&A

 

 

・糖尿病の治療薬を飲んでいますが飲めますか?

糖尿病の薬を飲んでいる人は、薬で血糖値のコントロールができるのでフィットライフコーヒーではなく普通のコーヒーを飲む方がおすすめです。

 

薬とフィットライフコーヒーの効果が重なり、血糖値のコントロールが正常に行われなくなる可能性があります。

 

・妊娠中や授乳中は飲めますか?

妊娠中に血糖値が高くなったという人もいるでしょう。

 

そういった場合であっても、フィットライフコーヒーにはカフェインが入っているのでおすすめできません。

 

妊娠中や授乳中の人は別の方法で血糖値の対策をしましょう。

 

医師や薬剤師からの指示があると思いますのでそちらに従ってくださいね。

 

・お腹が緩くなり心配です。飲み続けて大丈夫でしょうか?

フィットライフコーヒーに含まれる難消化性デキストリン(食物繊維)は、糖の吸収を穏やかにする効果があります。

 

食物繊維なので摂りすぎるとお腹が緩くなるので、少し様子を見て量や回数を調整していって下さい。

 

最近はトクホが増え、難消化性デキストリン入りの飲み物も多いので購入時に成分にも目を通すようにすると同一成分の過剰摂取を防止できます。

 

 

フィットライフコーヒー副作用まとめ

 

ここまでフィットライフコーヒーの副作用を見てきましたが、どうだったでしょうか?

 

 

ほとんどの人にフィットライフコーヒーを飲んで副作用はないので、毎日飲むコーヒーをぜひ【フィットライフコーヒー】に置き換えて血糖値対策してみてくださいね。

 

フィットライフコーヒー最安値はコチラ!